30代からの就職活動について

30代の就職活動といえば、一通りの経験を積んで、重要な仕事も任され、部下や後輩から頼られる、責任ある立場です。

しかし、今の職場で活躍してはいても、「この会社では自分の将来が見えてしまった」「変化がほしい」「10年後の自分の市場価値に不安を覚える」「家族のためにも年収を増やしたい」など、さまざまな不安や希望から転職を考える方がたくさんいます。

「35歳転職限界説」は根強くあり、焦りを感じている方も少なくありません。

失敗パターンとしては、
転職活動用に職務経歴書を作成したことがある方は、その内容を見直してみてください。

30代の方の転職相談に対応しているキャリアアドバイザーが言うには「同業界・同職種の30代の方が職務経歴書を書くと、皆さん、内容がほとんど変わらないんです」とのこと。

30代ともなると、それなりに業績や成果を挙げてきているので、それを書類に記すことによって満足してしまうようです。

しかし、実はそれだけでは不足です。求人企業の人事担当者は、似たような職務経歴書を何枚も見ています。これでは「その人らしさ」が伝わりません。

キャリアアドバイザーの話によると、30代になると業務に慣れて、ほとんどのことは『当たり前』にこなせています。

どれも、自分にとっては当たり前のことになっているので、わざわざ言う必要はないと思っている。けれど、応募先企業が知りたいのは、成果よりもプロセスなんです。

つまり、成果を数字などで示すだけでなく、その業績を挙げるためにどんな工夫をしたのか、どんなことを提案したのかなど、自分らしいやり方や発想を表現するべき、というわけです。

職務経歴書には、そこまで書くことを心がけてください。

そして、自分を全面に押し出してしまうという失敗をしてしまいます。

つまり、履歴書が自分史になっているという事です。

30代にもなると、いろいろな経験をして実績も挙げている。会社でも認められている。

だから自然とそうなるのでしょうが、ビジネスマンとしての自分の歴史をつづるうちに、『頑張ってきたなぁ』という自己陶酔が入り、『自分史』のようになっていることがあるんです。

けれど、職務経歴書とは『プレゼン資料』なんですよね。

皆さん、普段のビジネスの場でプレゼン資料を用意するときは、相手のニーズをふまえて、相手がどう感じるかを考慮しながら作成しているはずです。職歴書作成もそれと同じなんです。

相手企業が何を求めているのかをつかんで、自分の経験・スキルの中からそれと共通するものをピックアップし、その部分を強調してアピールする。経験が豊富な30代だからこそ、そうした工夫が必要といえそうです。

そして、失敗パターンに陥るのは、疲れた表情で面接に臨んでしまうことです。

30代の転職サポートを行っているキャリアアドバイザーによると、アドバイザーとの面談では明るくエネルギッシュな印象だった人が、面接に行った企業から「元気がない人」というコメントとともに不採用を言い渡されるケースが少なくないそうです。

これはどういうことなのでしょうか。

面接が行われるのは、多くの場合、平日の夕方か夜です。

そうすると、昼間の業務を引きずったまま面接に臨んでしまいがちです。

30代ともなれば、重要な仕事を任されていて、とても忙しい。

部下や後輩からは頼られ、上からは詰められる時期です。面接の場で元気に振る舞っていたとしても、頭の中のどこかで進行中の案件のことが気になっていたりして、ストレスや疲れが表情に表れてしまうのでしょう。

それが、面接担当者には『覇気がない』と映り、頼りなく感じられてしまうのだと思います。

今の会社や仕事への不安を打開したくて転職活動をしているのに、責任ある立場だからこそ、今の仕事にとらわれて足を引っ張られてしまうなんて、皮肉な話ですね。

平日、仕事が終わった後の面接には、なるべく頭を切り替えて臨むようにしてください。

職場から応募先企業に直行するのではなく、わずかな時間でもどこかで一休みするなど、リフレッシュしてから向かってはいかがでしょうか。

可能であれば、朝の時間帯や土日に面接を受けるのも手です。

ちなみに、疲れているわけではなくても、「30代にもなって、元気や熱意を必死でアピールしてもなぁ…」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、30代ともなると、ある程度の落ち着きは求められます。

しかし、あえてクールな雰囲気やどっしりとした落ち着きを演出しようとすると、相手企業の面接担当者の目には「積極性が感じられない」「暗い」などと映る可能性もあります。

もちろん、企業の社風にもよるので一概には言えませんが、「元気のよさ」が求められるのは、20代に限ったことではありません。

企業にとって、中途採用は『投資』です。投資するからには、社内に新しい風を吹き込んでほしい、変化を起こしてほしいと考えています。

そんな期待を感じさせる人物とは、やはり明るい表情で、目を輝かせてハキハキと話す人なのです

そして、面接に対し、過度の不安感を抱くことです。

また、30歳を過ぎて初めて転職活動をする場合、「面接を受けるのは10年ぶり」ということで、不安を感じる人も少なくないようです。

この時、新卒の就職活動時のノウハウなどを思い返して、その感覚で臨むと、いい結果を生みません。

転職理由や志望動機を暗記していくようなやり方では、30代の皆さんならではの強みは伝わらないのではないでしょうか。

「面接を受けるなんて久しぶりだから、不安で……」という転職希望者に対して、あるキャリアアドバイザーはこうアドバイスしているそうです。

「普段の仕事では、お客さんや取引先などと接して、交渉や提案を行っていますよね?そちらの方が、状況としてはずっと厳しいはずです。

けれど、顧客との会話を、あらかじめ全て準備していくわけではないですよね。

会社の商品を売り込むか、自分という商品を売り込むかの違いだけで、面接も普通のコミュニケーションの場なんです。

これまでの経験から築き上げた、あなたが得意とするスタイル、そのままで臨めばいいんです。

控えめにしすぎても、肩ひじを張りすぎても、面接はうまくいかないものです。

等身大の自分を見せる方が、お互いを正しく理解でき、幸せなマッチングにつながるというわけです。
posted by venus at 11:25 | 30代からの就職活動について

学生の就職活動について

学生の就職活動といえば、今年3月卒の大学生の求人倍率は1.6倍、求人総数は698,800人、民間企業への就職希望者数は436,300人です。

ところが、就職サイトに登録されている企業数は、ざっと7000社しかありません。

1社あたりの平均求人数を10人とすると約7万人となると、就職サイトには全体の求人の約1割しか載っていないのです。

希望者数を分母にすると、約16%。6人に一人分しかない。大企業、有名企業ならもっと恐ろしい競争率になるでしょう。

就職課も、求人票を出してくれた企業、そして先輩がいる企業の情報しかないので、これも一部分です。

合同説明会も求人サイトより少ない企業しか出会えないみたいです。

就職サイトも合同説明会にしても、企業にとっては有料なのだから当然といえば、当然の事です。

リクナビなど就職サイトは、あくまでも求人広告です。広告が載っていない=求人していないとは限りません。

リクナビなど就職サイトに登録した、大学の就職講座に参加した、合同説明会に参加した。

それではあなたの目指す企業は見つからないし、内定は取れません。

あなたの就職活動をナビゲートしてくれる企業をまず探し出し、目指す企業をハッキリさせ、じっくりと時間をかけて戦略を練って、確実に夢を掴みましょう。

学生の就職活動を旅と喩えれば、「自分」=「仕事を通して伝えたいコト」を明確にしましょう。

「自分」を頼りに、「目標」を定め、その「目標」に辿り着く「戦略」を考える。それを自分で自覚しないで、船出して、目的地に着けると思っている学生が多いようです。

ただ船出して内定が取れる学生は、たまたま運がいいだけで、わざわざそんな危険な旅に出る必要は無いと思います。

そしてそんな行き当たりばったりな旅をしていられるほど、豊富な時間は3年生には無い事を認識して下さい。

インターネットを道具として徹底的に調べるというのは、インターネットでの就職活動の成功率の低さは目を覆うものがあります。

というわけで、就職サイトに頼り切ってしまうことは、かなり危険であると言えそうです。

就職サイトや合同説明会、学内説明会に頼ってはならないのであれば、頼るべきは自分しかないようです。

「家族親戚、友人知人に頼む」「求人の有無に関わらずアタックする」「目指す分野の会社に全てに電話する」「それを求職者仲間で行う」といった、アナログな就職活動の成功率の高さは目を見張るものがあります。

就職活動は結局は最後までやり抜くかやり抜かないかで決まります。
そもそも自らの人生は、そんなに簡単に決まるわけがない筈です。そして最後までやり抜いて当たり前じゃないのでしょうか?

そんな信念が支える泥臭い作業の連続が、あなたが輝く、目標とする会社を決定する、唯一の方法です。

コツコツと自らの行動力を武器に、様々な人からアドバイスをもらいつつ、自分でオリジナルな方法で就職活動を行うことが、最も成功率が高い就職活動です。
posted by venus at 11:02 | 学生の就職活動について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。